アンティーク着物は戦前。戦後はリサイクル着物になります。
アンティーク着物の裏が紅絹(もみ)という赤の生地で出来てます。着物の裏地がモミだと
ワクワクしてしまいます。
ちょうど4年前の写真です。カンボジアの子供の支援、ボランティアの関係でカンボジア大使館の昼食会に招待された時の写真です。
この時、所作を知っていたらもっと良い着物姿だったかも知れません。
いつも髪をカットし毛束を頂き送っていましたが始めて小学生、女子のカットをしました。これはまだカット前です。
かつらひとつ作るのに31センチ以上の毛が30人分位必要なんだそうです。